豚野郎はあの技でアドリア海のエースになったんだ


映画「ステルス」
ほんとは公開中に見たかったんだが、だいぶ時間がたってしまった・・・
近未来空戦アクション
米海軍、ステルス戦闘機部隊に新しく配備されたのは
超高性能自己学習型AIを搭載したステルス戦闘機、通称「EDI(エディ」
落雷にうたれた事で過去に提案された大都市攻撃命令を
実行しようとするEDIをステルス戦闘機部隊の3人が止めるというお話

高性能AI・人工知能・無人機モノのセオリーに反せず
1,暴走(というのかなんというのか)
2,主人公との戦闘によって暴走を停止し仲間になる(わけでもないんだが
3,実は主人公たちの上司が悪者でした~っていうパターン
4,最後は主人公をかばって爆発炎上・大破

うひゃー、パターンを踏みすぎたこの演出
すげー面白かった^^

しかし、見せ場であるはずのドックファイトシーンに全然迫力がない・・・・
登場戦闘機は
ボーイングF/Aー18(ホーネット
スホーイSu-27(フランカー)・Su-35(スーパーフランカー)
の2機のみ・・・・
あと、ものすごい北朝鮮の扱い
ヒロインが北朝鮮に不時着してしまうんですが
北朝鮮の人々、すでに朝鮮語は話していません
何語は判別不可能な言葉を喋っている上に
あれは間違いなく「チベットとかそこらへんの人々」に見えました・・・・・

まぁ、大変面白い作品ではあると思うので
皆様も機会があればいかがでしょうか?
(あーーーー!エースコンバットZEROやりてぇぇ!!見るんじゃなかった!!)




OK、とりあえずこの子探しにモンハンやりに行ってくる
[PR]

  by kota-syuusei | 2006-04-12 14:33 | 終世

<< ・・・・ このまえの花見 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE